penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

超快適!iPhoneのウィジェットをランチャー化できるLauncher

   

Launcher

iOS 8で利用できるようになったウィジェット機能を利用して、そこをランチャー化することができるアプリ「Launcher」を使ってみましたが、一発でハマりました。

iPhone画面を上から下にスワイプすると出る、アレによく使うアプリ等を表示させて、サクッと起動することができます。

IMG 0047

Launcherは、iPhoneとiPad両方に対応したユニバーサルアプリなのもうれしいですね。

 

Launcherを起動するとこのような状態で、ここにアプリを追加していけます。

登録できるアプリは無料版は8つまで、アプリ内課金でプロバージョンにアップデートするとさらに増えます。

IMG 0042

 

Launcherの画面右上のアイコンをタップして、登録するアプリ削除、配置換え、+マークのアイコンをタップしてアプリの追加ができます。

IMG 0043

 

アプリ追加画面。

App Launcher で、標準アプリや、Launcherが用意しているアプリの登録、Custom Launcherでスキームを使ったアプリの登録ができます。

IMG 0044

 

App Launcherで追加できるアプリもかなりの数があります。

IMG 0045

 

Custom Launcherでは、ランチャーアプリでは定番のスキームを使ったアプリなどの登録ができます。

IMG 0046

@penchi は、よく使うアプリ Picport が、App Launcherになかったので、ここで登録してみました。

PicportのURLスキーム jp.itok.picport://

アイコンは AppStoreアイコン取得プログラム(iOS7対応) で取得して使いました。

IMG 0042 2

 

メール・メッセージ系の他、よく使うカメラアプリなど、使用頻度が高いものを3行分設定してみました。
iPhone 6で、画面をスクロールしないで使えるのはこのくらいかな。

IMG 0047

※ウィジェットの配置は、ウィジェット最下部の「編集」で配置や表示・非表示を変更できます。

 

iPhoneがどのページでも、アプリ起動中でも、画面の上からスワイプすればランチャーが表示されるので、超快適!

Docに置くランチャーより使い勝手がいいかも。

ウィジェットは、iOS 8で新たに追加された機能ですが、欠かせないものなりそうです。

 - iPhone・iPad ,