penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

OneDriveを本格的に使ってみる

   

ec-oddb

Office Onlineとの連携機能に魅力に感じ、OneDriveを本格的に使ってみることにしました。

OneDriveは旧名称がSkyDriveで、マイクロソフトが提供するオンラインストレージです。

マイクロソフトアカウントを利用し、無料プランでは7GBの容量を持っています。

Microsoft OneDrive

ChromeアプリのOffice Online公開で、One Driveの活用方法を真剣に考えてみる

 

Dropboxからデータの引っ越し

これまではDropboxメインで利用してきたのですが、仕事用のメインデータをOneDriveに移行することにしました。

使い分けの内容は下記のような感じです。

OneDrive・・・仕事用データ・カタログやマニュアル等PDFファイル

Dropbox・・・使用中の共有フォルダ・プライベートデータ・アプリ共有データ

Dropboxは、お客様との共有フォルダや、iPhone等のアプリで共有するフォルダはそのまま残しました。Dropboxは連携サービスが多いので、欠かせないストレージです。

 

Dropboxにある仕事用データのあるフォルダを、そっくりOneDriveのフォルダに移行すればOK。

あとは各パソコンで同期されるのを待つだけ。

引っ越しついでに、OneDriveのフォルダ構成を見直し、同期するパソコンで、同期するフォルダを指定するようにしました。

SSDで容量の少ないMacBookAirでは、カタログやマニュアル類は同期させないことで、使用するディスク容量を減らすことができます。

 

iPhoneのOfficeアプリでも利用可能

OneDriveに置いたデータは、iPhoneのOffice Mobileでもサクッと利用できます。

IMG_1687

IMG_1688

iPad用のアプリもあればさらに便利なのですが、SafariでOneDriveのページにアクセスすれば、オンラインで利用できるので、現状でも十分実用になります。

iPadでOfficeファイルを扱うならSkyDriveが便利!

 

Office Web Appも、機能が強化され、互換性も高いので、十分実用レベル。

さらにWindows8.1ではOSレベルでOneDriveをサポートしているので、これからのWindowsPCではますます便利に使えるようになると思います。

 

 - クラウドサービス ,