penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

Twitterをメインのツールとしてライフログを記録してみようと思う

      2015/02/01

a1380_001044

以前から興味があって、ポツポツと記録のまねごとをしていた ライフログ。

「今日はどんなことがあった」「何をした」といった記録をタイムラインでまとめる行為ですが、その手法では試行錯誤しています。

 

Twitterをメインのツールとしてライフログを記録してみようと思う

そんな試行錯誤の末、Twitterに情報を集約する方法で記録してみようと思い、あれこれ設定してみました。

Twitterをメインにしたライフログの流れ

流れは2パターンあります。

その1
IFTTTに対応しているツールは ツール → IFTTT → Twitter → Evernote という流れ。
InstagramやFoursquare、天気、Last.fmなどを設定しています。

その2
ツール自体にTwitterのシェア機能を持っているツールは、直接シェア(投稿)します。

img-ll01

Twitterに集まった情報は、ツイエバ経由で、1日のログとしてEvernoteに保存されます。

 

Twitterの設定

この流れでキモになるのは、Twitterですが、下記のような設定にしています。

ライフログ専用Twitterアカウント
普段使っているTwitterアカウントとは別に、ライフログ専用のアカウントをつくり、非公開アカウントとして設定します。
ライフログを記録するためだけに使います。
もちろんメモ的につぶやいてもOK。

専用クライアントを使う
普段使っているTwitterと間違わないように、iPhoneやMacでは、このアカウント専用のTwitterクライアントを使います。
他人に知られたくない内容のものを投稿することもあるので、わかりやすくしておきます。

今回はiOSとMacでは、Twitter純正アプリを、ライフログ用Twitterクライアントにしています。

iOSのTwitterアカウントをライフログ用Twitterアカウントに設定する
iOSの「設定」で設定できるTwitterアカウントは、ライフログ用Twitterアカウントにします。
こうすることで、iOSの共有機能を使って、様々なアプリから、ライフログに情報を送ることができます。

iOSのTwitter設定では複数のアカウントを設定できますが、複数アカウントを設定した場合は、投稿の際に間違わないように注意が必要です。

 

Twitterをメインにした理由

これまでにDay OneやPostEverなどを使って、ライフログを記録してきましたが、それぞれ連携の面で不満がありました。

Twitterの場合は、実に様々なツールが連携できるので、連携の面での不満は解消されます。
この点では IFTTT の功績が大きいですね。

そして1日単位でツイートをまとめて、Evernoteに送ってくれるツイエバの存在も大!

しばらくこのスタイルでライフログを記録していこうと思います。

 

ライフログに使っているツール

ツイエバ - TwitterのツイートやメンションをEvernoteとEmailへ

IFTTT

IFTTT
無料
(2013.11.10時点)
posted with ポチレバ
Twitter
無料
(2013.11.10時点)
posted with ポチレバ
Evernote
無料
(2013.11.10時点)
posted with ポチレバ

 - SNS ,