penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

買い替え時の参考に・・・iPhoneのストレージ使用状況を確認する方法

   

P1040680

iPhone5s/cが発売になり、買い替えを検討されている方も多いかと思います。

今回は機種や色のバリエーションも増えましたが、iPhoneの場合、ストレージの容量も選択肢にあります。

次に買う機種は何GBにしよう・・・と迷っている方も多いのでは?
ストレージ容量は価格に反映されるので、使わないのに大きい容量のものを購入すると無駄になってしまいます。

現在、どのくらいの容量を使用しているのか、今後増えることはあるのか、といったことをよく検討して機種を選択したいですね。

 

iPhoneのストレージ使用状況を確認する方法

設定 から 一般 をタップします。

20130928094156

 

一般 から 仕様状況 をタップします。

20130928094204

 

使用状況 の上部に、ストレージ があり、使用可能と使用中の容量が表示されます。

20130928094313

 

少し待つと、使用状況の詳細がアプリ単位で一覧表示されます。
ここでアプリをタップすると、そのアプリのストレージ使用状況を確認できます。

20130928094322

 

アプリ単位の表示では、アプリの使用容量と、書類とデータの使用容量が表示されます。

20130928094346

上の例では、EvernoteのオフラインノートをONにしているので、本体に読み込んでいるノートの分の容量が大きくなっています。

 

一般的に容量を大きく消費するのは「音楽」「ムービー」「写真」のメディア系データです。

@penchi も、一時期は音楽のデータが3GB近くあり、「容量足りなくね?」と、不安になりましたが、実際は聴かない曲もごっそりあったので、大幅に整理することで、800MB台まで落とすことができました。・・・iTunesで管理してるんだから、聴きたくなったら入れ替えればいいかと。

写真はFlickrやGoogle+写真(Picasaウェブアルバム)等のクラウドにアップして保存するので、本体にはほとんど置きません。

と、個人的な事情はこんなところで、16GBのiPhoneで十分間に合っていたりします。

 

iPhone買い替え検討の際は、使用容量も改めてチェックしてみては?

 

 - Android