penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

GmailとEvernoteの2段階認証を設定したよ

   

a0002_003097

以前から「やらなければ・・・」と思いつつ、手をつけていなかった、GmailとEvernoteの2段階認証の設定をしました。

2段階認証とは?

一般的に多くのサービスでは、アカウント(ID、ユーザー名)とパスワードの組み合わせでログインし、利用します。

2段階認証では、ここに「確認コード」と言われる、その時だけ有効になるコードを発行し、ログインに利用します。

1.アカウントとパスワードでログイン

2.確認コードの発行

3.確認コードを入力し、サービスにログイン

という流れになります。

確認コードを扱うために使うのが、携帯電話(スマートフォン)。

2段階認証の設定の際に、携帯電話を登録し、確認コードの送り先として指定します。

 

Gmailの2段階認証

Gmail(Googleアカウント)の2段階認証は、下記に詳細があります。

2段階認証プロセスについて(Googleアカウント ヘルプ)

確認コードの入手は、携帯電話へのメールの他に、専用のアプリもあるので、これを利用すると便利です。

無料
(2013.08.04時点)
posted with ポチレバ

Google認証システム(Google play)

アプリで発行される確認コードは、他の端末(PC、Mac含む)でも有効なので、複数の端末をお持ちの場合でも、どれか一つにインストールしておけばOKです。

 

Evernoteの2段階認証

Evernoteで2段階認証が設定できるのは、プレミアムアカウントに限定されます。

Evernote のセキュリティに 3 つの新機能(Evernote日本語版ブログ)

Evernote の 2 段階認証について

Evernote関連のアプリでも2段階認証が必要です。

対応するアプリは、ログイン時に確認コードを発行してくれるので、設定した携帯電話やスマートフォンでコードを確認し、ログインします。

未対応のアプリでは、Evernoteのウェブアプリにログインし、設定画面から確認コードを取得し、ログインに利用します。

 

Gmailのアカウントは乗っ取り被害も多数出ているようです。

Evernoteも今年の3月に不正アクセスがあり、全ユーザーにパスワード再設定を指示したということがありました。

GmailもEvernoteも、大切な情報が蓄積される場なので、セキュリティには十分な配慮が必要です。

2段階認証にすると、確認コードやバックアップコードの管理などの手間が増えますが、乗っ取りや情報漏洩ということを考えると、多少の手間が増えてもぜひ設定しておくべきだと思います。

 

 - インターネット ,