penchi.jp

パソコン&Web屋 @penchi のブログ

Googleリーダーがサービス終了、データのバックアップは7月15日まで可能

   

Google Reader

 

Googleリーダーのサービスが、ついに終了しました。

昨日の昼過ぎはまだ動作していましたが、2013年7月3日時点で、GoogleリーダーのURL http://www.google.com/reader/ にアクセスしても、表示されるのは下記の画面です。

grbk001

 

フィードデータのバックアップは、7月15日まで可能!

Googleリーダーのサービスが終了しても、登録していたフィードデータのバックアップは、7月15日まで可能だそうです。

「Google Reader」データのダウンロード期限は7月15日--グーグルが明らかに - CNET Japan

 

Googleリーダーにアクセスし、真ん中あたりに表示される Google Takeout のリンクをクリックします。

grbk001-1

 

データエクスポート の画面になるので、ここで[アーカイブの作成]をクリックします。

grbk002

 

Googleリーダーのエクスポート(バックアップ)データが作成され、ダウンロードできるようになります。

grbk003

 

上記の画面で、[ダウンロード]ボタンをクリックすると、Googleアカウントのパスワード再入力を求められるので、パスワードを入力し、ログインします。

grbk004

 

ログインすると、ダウンロードが始まり、*****@gmail.com-takeout(*****@gmail.com-takeout.zip) というファイルがダウンロードされます。

grbk005

 

ダウンロードされたファイルは、ZIP形式の圧縮ファイルです。
解凍すると[リーダー]という名前のフォルダの中に、下記のようなファイルが入っています。

grbk006

この中の、subscriptions(subscriptions.xml)というファイルが、登録されたフィードデータのバックアップファイルです。

OPML形式のファイルをインポートできるフィードリーダーであれば、このファイルを使って、フィードデータのインポートができます。

 

Googleリーダーを利用されていた方の多くは、すでに移行して新しいサービスを利用していると思います。

しかし、Feedlyをはじめとした、移行先の多くのサービスが、現時点では、フィードデータのエクスポート(バックアップ)機能を持っていません。

今後、他のサービスに移行したくなることもあるかもしてれませんので、念のため、Googleリーダーのデータをバックアップできるうちに、バックアップして保存されることをおすすめします。

GoogleリーダーからFeedlyに移行した人は、今のうちにフィードのバックアップを! | penchi.jp

 - インターネット