パソコン&Web屋 @penchi のブログ

penchi.jp

iPhone・iPad

iOS 10.3 のアップデート前にバックアップをしておくことをすすめる理由

投稿日:

 

iOS 10.3 が公開されました。

今回のアップデートは、事前のバックアップが必須 と言われていますが、その理由は?

 

iOS 10.3 アップデート前のバックアップをすすめる理由

iOS 10.2から10.3へ・・・マイナーアップデートだから、いつものように本体でサクッとやればいいじゃん! とお考えの方も多いと思いますが、今回のアップデートについては、アップデート前に必ずバックアップをすべし! という情報が多数です。

 

 

どうしてアップデート前のアップデートをここまで強く言ってくるのか?

その理由は、iOS 10.3 にすることでファイルシステムが変更される ことにあります。

iPhoneやiPadのストレージのファイルシステムは HFS+ というフォーマットを使っていましたが、iOS 10.3ではAPFS(Apple File System)に変更されます。

iOS 10.3 がインストールされると、そのiPhoneやiPadに保存されているファイルがHTFS+からAPFSに変換されることになりますが、その際に何らかのトラブルが起きた場合、そのファイル(データ)を失ってしまう可能性があるのです。

https://japan.cnet.com/article/35098178/

http://iphone-mania.jp/news-163079/

アップデートをする前にバックアップをしておけば、トラブルが起きてアップデートできなかった際に、バックアップから復して、データを保持することができます。

 

iTunesを使った丸ごとバックアップがおすすめ

iPhoneやiPadのバックアップは、iCloudを使ったバックアップと、iTunesを使ったバックアップの2パターンがあります。

https://support.apple.com/ja-jp/HT203977

iCloudを使ったバックアップは、本体のみでできお手軽ですが、iCloudのストレージ容量の制限もあり、iPhoneを丸ごとバックアップすることはできません。

iTunesをインストールしたパソコンでのバックアップであれば、iPhoneを丸ごとバックアップすることができるので、こちらをおすすめします。

http://penchi.jp/archives/9786.html

http://penchi.jp/archives/5959.html

iTunesを使った丸ごとバックアップは、修理や買替時にも有効なので、普段から定期的にバックアップしておくことをおすすめします。

 

iTunesでバックアップからアップデートまで一連で行う

今回、@penchiはiiTunesでPhoneのバックアップをして、そのままiTunesを使ってアップデートを実施しました。

 

iTunesを使ったアップデートは、作業領域をパソコンに置くので、空き容量が少なくてアップデートができないiPhoneでも、アップデートをすることができます。

http://penchi.jp/archives/5880.html

http://penchi.jp/archives/6281.html

 

あとがき

今日はiPhone、iPadのiOS 10.3アップデートに加え、Apple Watchのアップデート、さらにはmacOS Sierraのアップデートと、Apple製品アップデート祭り状態でした。

 

OSのアップデートは、機能的な向上もありますが、セキュリティ面の修正や更新もあるので、快適で安全に使うためには、ぜひ行っておきたい作業です。
アプリによっては古いOSでは使えないアプリもあるので、そういった点でもきちんとアップデートしておきたいですね。

ただし、今回の iOS 10.3 のアップデートでは、ファイシステムが変更されるので、万が一に備え、アップデート実施前にバックアップをすることを強くおすすめします

 

-iPhone・iPad
-,

Copyright© penchi.jp , 2017 All Rights Reserved.